クレンジングゼリーは刺激になりますか?

更新日:10月23日



こんにちは!

美杏香エスティーショップの横田です。


首にアトピーが出てきたと仰るお客様より、美杏香ボディーシャンプーやクレンジングゼリーは肌の刺激になりますか?とのご質問をいただきました。

お返事をシェアしますね。


私は異物排泄(デトックス)という形で、首もアトピーのような状態になったこともありましたが、いわゆる“化粧品”を赤みやガサガサ、ヤケドっぽくなっているところに使ってよいかしらと疑問が湧きますよね。



まず、美杏香ボディーシャンプーですが、肌トラブルがある方でも安心してお使いいただける処方で作られています。


健康なお肌を取り戻す、また、維持する基本になるものとして、どんなお肌の方でもおすすめしています。




次に、クレンジングゼリーです。


「刺激」をどう捉えるかなのですが、クレンジングゼリーにつきましては、毛穴の上のほうを掃除して、皮膚呼吸を促しますので、多少、異物排泄効果があります。



そのため、毛穴の掃除をして健康な肌(全身)を取り戻すために、アトピーなどの肌トラブルがあっても、お使いいただくこともあります。


つまり、異物を出しても(赤みや湿疹が出ても)肌を改善していきたい場合は、クレンジングゼリーで洗っていくのですね。



もちろん、肌状態はさまざまですので、クレンジングゼリーを使って沁みる時はムリしないほうがいいですよね。



ただ、私の経験からも汁が出るようなじくじく状態でもクレンジングゼリーは沁みることが少ないですね。


そういう意味で刺激はないといえるかもしれません。



ですが・・・


肌を改善していきたい気持ちはあるけれども、積極的に異物を出す(=赤みが出ても大丈夫)というよりも、まずは、今の状態を落ち着かせたい場合。


クレンジングゼリーは使わずに、美杏香ボディーシャンプーだけで洗うことをおすすめします。



私の場合ですが、色々様々と経験がありますけれども(笑)クレンジングゼリーを使って出していく時もあれば、クレンジングゼリーはお休みして、まずは状態を落ち着かせることもありました。



クレンジングゼリーを使わないことは、異物を押し込むことではないです。


ただ、「積極的に出さない」だけですね。


表面に浮いてきた異物は、自然と毛穴の外に出てきます。



美杏香のお手入れとして、セロテープ(首など体の場合は5㎝幅の透明テープ)を使いますが、これも時に、異物を引き出すことになりますので、慣れない場合は止めておいたほうがいいかもしれないですね)



💚肌を落ち着かせていくためのポイントとしては。



🌟できるだけ掻かないようにするために、鎮静のアイテムを使うことと、

しっかり保湿することです。



これも個人差があります。


ESローションでOKの方もいれば、油分を含んだBDローションのほうが合う方、

(肌が乾燥)

また、メントール配合ですーっとするスースー水が合う方など。


因みに、私自身は保湿として、BDローションを使い、スースー水も痒みをしのぐために併用します。



そして、おすすめは、雪華美人です。


日焼け止めとして作られましたが、鎮静成分が豊富なので、赤みや痒みの鎮静にも使います。


私も異物排泄時には必ず使います。


使い方をご説明しますね。



雪華美人を赤み、痒みがある部分に塗ります。


この時、白くなりますので、日中など、白さを目立たせたくない時はゴールドエッセンスやBDローションなどのローションでゆるめて塗ってください。


少量であれば、すり込むと白さが目立たなくなります。


(お客様から頂いた情報では、ESオイルを混ぜて、しっかりなじませると、白くなり過ぎないようです*感謝)



夜寝る前は、赤みが隠れるくらい白く塗ったほうが鎮静になります。



首にアトピーが出ている場合は、顔のようにカンタンには洗いにくいので、朝、雪華美人を落とすのは、コットンに水を含ませて拭き取って大丈夫です。


その時に毛穴の外に出てきたカサカサも取れていいです。

(私は5センチ幅の透明テープで取り除きます)


または、ガサガサが浮き出たようになっていなければ、その上から何かローションを塗っても構いません。



もし、皮膚がガサガサになっていて、その中に白いものが残って取れなくても大丈夫です。皮膚内に入ることはなく、入浴時や日々の新陳代謝できれいに取れていきます。



要らないものを出そうとしての赤みですので、白くなったりしても、日中赤みが増してくるなどいつもすぐに引くとは限らないのですけれども、それでも、雪華美人を塗っておくと収束するのが早いです。

痒みを鎮めるのに役立つ点でも優れものですね😊



20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示